看護師にとって体調管理は大切なもの

看護師の典型的な悩みとして、勤務シフトが挙げられます。病床数の多い医療機関で正職員の看護師として勤務する場合には、定期的な夜勤が必要になる場合があります。そのため、看護師は生活サイクルが乱れがちな職業といえます。働いていくうちに休んでも疲れがとれなくなったり、健康状態を大きく崩したりしてしまうケースもあるが故、看護師は病気をしないための体調管理が必要とされるのです。
夜勤のシフトが入る病院では勤務スケジュールが絶えず変化するという特徴があり、規則的な生活を送る事が難しくなります。また、交代制のシフト勤務では休日や週末も仕事が入る事があるため、休暇に全ての用事を済ませてしまうのではなく余裕を持った計画性の高い行動が求められます。
特に、想定外の予定が入った時には過労や睡眠不足に陥ってしまう事があり、体調管理を徹底して職務に支障が出ないように配慮する事が重要です。そのためには、できるだけ早く勤務先となる病院のシフト勤務の流れを把握する事が大切で、休暇のとりやすいタイミングを見極め積極的に身体を休ませてあげる事がポイントです。
また、看護師は老若男女問わない仕事です。従って、体力に自信がある人ほど健康面を軽視しがちになってしまい、体調管理を疎かにしてしまう事も少なくありません。若くて体力に自信がある看護師でも、患者さまへの対応や疲労が原因となり感染症を発症する事が頻繁にあります。その他にも、不規則な勤務シフトにより生理などの身体バランスの乱れにも悩まされる看護師が多く、そのため体調管理を重要視する事が不可欠になってくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です