まずは自分の身体を知る事が1番

いかに体調管理をするか、という事が看護師には必要な事になってきます。看護師の体調管理は、特にシビアな面があるようです。医療の現場では感染する恐れがある病気も多いので、消毒などには一般の人より敏感になっている看護師もいる事でしょう。また、同時に毎日消毒する事によって手が荒れてしまう、という悩みを抱えている看護師も多くみられます。それほど緊張感のある中で働かなくてはいけないのが、看護師の仕事です。
そのため、一般の人よりも看護師は体調管理について慎重でなくてはいけませんし、重要視もしなくてはいけません。
医療機関によっては年に1度、健康診断を行っているところが多いようです。しかし、医療を提供している職場環境を考えると、年に1度の健康診断では間に合わない事もあるかもしれません。ですが、個人の希望はなかなか通るものではありませんので、自己管理が大切なポイントになってくるのです。
1番は、自分の身体の事を良く知っておく事です。たとえば風邪を引いた場合、多くの人は予兆があるといいます。鼻づまりだったり、声枯れだったりと、その人や風邪の種類によって予兆は違いますが、その予兆を見逃さない事が大切です。初期の段階であれば、市販薬で体調を整える事も難しくはないでしょう。
さまざまな病気を扱っている病院や、医療関係で働く看護師の体調管理ほど重要なものはありません。自分の健康が患者の健康を守るという事を意識して、早めに対応できるように普段から心掛けるようにしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です