避けにくい夜勤の仕事を乗り切るには

看護師の仕事には、夜勤がどうしても必要になってきますよね。夜勤のシフトがある場合、夜勤前の過ごし方や夜勤後の乗り切り方は、人によって違いますが自分に合った過ごし方を見つけて、夜勤を乗り切っていきたいものです。
夜勤をすると、睡眠時間のずれから、自律神経のバランスが乱れやすくなり、そこから疲れやホルモンバランスの崩れなどにもつながるため、体調を崩したり心身の不調につながる事があります。看護師という仕事を続ける上で、体調管理がとても大切になります。そのためには、できるだけ生活のリズムを崩さないようにする工夫が必要になります。
夜勤がつらい・疲れたと感じ始めた時は、カフェインやタウリンが入った栄養ドリンクを飲んだり、むくみ対策としてむくみ防止のストッキングを履いたり、夜勤前後の睡眠時間の取り方や時間の使い方を工夫する事で、自分に合ったリズムができてきて体調を崩しにくくなります。
また、夜勤は体調だけでなく精神的な面でもストレスになりやすいです。日勤のシフトの時よりも少ない人数の中での勤務になる事で、責任やトラブル対応などのプレッシャーがのしかかってきてしまうためです。その他にも、患者さまが急変した時は医師との連絡のやり取りが必要になるなど、気を張らなければいけない場面が多い事も理由にあるようです。
このような事から、日勤のシフトに入っている人に患者さまの容態などを聞いて予めどう動くかを決めたり、引継ぎの時にしっかり確認したりする事で、多少なりともストレスは軽減される事でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です